読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guitar Stuff Blog

今まで使ったギターアンプやエフェクターを紹介したいと思います。

20170303 Rockman Distortion Generator & Stereo Chorus/Delay Part.1

インターネットショッピングで買ったエピフォンレスポール(フラットトップ、サンバースト)とギターエースで満足はしてましたが、ネットで調べたら、
「過去の機材が高値で取引されるのは、ギターエースやメタルエース(歪が深い版、所有してるので今度記事書きます)では"あの音"は出せないから。」
と書かれている記事を見つけ、手にれなければという使命感(笑)が湧きました(ーー;)
(ここからロックマンに湯水のごとく財産を投入していく事になります。。。)

取り敢えずロックマンの機材を取り扱っている店をネットで調べたところ、ハーフラックモジュール(ラックに設置するエフェクターで、一般的なラックエフェクターの半分の大きさ)1台平均4万円台で、ディストーションジェネレータとステレオコーラス/ディレイ併せて8万円でした。
当然躊躇しました(爆
全部入りのヘッドホンアンプ、X100が欲しかったのですが、生産完了品なので中古で出るか出ないかで、当時は扱い店舗がありませんでした。
また個人的にはヘッドホンアンプよりも見た目本格的でより良い音が出せるのではないか?という考えもありましたw
本当に躊躇しましたが、結局8万円を支払い2台とも購入しました(><)

さて、初めてのエフェクター(厳密にはディストーションジェネレータはプリアンプ)です。ネットでエフェクターの使い方を調べ、アンプはクリーンに設定して、ギター、エフェクター、アンプの順に繋ぐという事を学び、早速MG10に繋いで試しました。
第一印象は「MG10の歪と大差ない...?」
でしたww
寧ろコーラスの立体的な音とアナログディレイの奥行きのあるエフェクトに衝撃的でした。
そう、初めてのモジュレーション系と空間系エフェクターロックマンなんです(爆
これが後ほど他のエフェクターに対して使いづらいという印象を植え付けるきっかけとなりましたw
従来のコーラスは音の芯がぼやけ、ウネウネとした感じのエグい掛かり方(エレハモのスモールクローンとか)か、"広がり"を強調して絶妙な揺れで爽やかな効果を付加するもの(ボスのスーパーコーラスとか)というもの、両方を担えるボスのコーラスアンサンブルCE-5とかが大半でした。
でもロックマンのやつはコーラスモードで若干のショートディレイが乗り、音が二重に聴こえるような感じがありました。特にロングコーラスというスイッチがあるのですが、押すとディレイタイムがほんの若干伸び、奥行き感がさらに増して立体的な音になります。
スピーカー1基で擬似的に5.2chで聴いてるような感じです!
アウトプットは4系統あり、ステレオ2種とモノラル2種です。
モノラルは分かりやすく深さの選択。EqualとSubtleとありますが、僕はコーラス初心者だったので、掛かりの薄いSubtleが好みでしたw
ステレオは何というか、右と左で揺れる周期の調整による擬似的な深さ調整で、Wideにすると浅くなって広がり感が増し、Normalにすると深くなって音が狭まるという感じかな(^^;;
後ほど話しますが、"ステレオ"コーラスなので文字通りステレオで出力した時は本当に「なんだこれは?!!」という印象でした(爆
揺れのスピードも調整出来ますが、エグい調整は出来なくてあくまでボストンで使用する範囲という感じです。
兎にも角にもこのコーラスが凄過ぎて、後ほど好奇心で買ったどのコーラスよりも気に入っており、同じSR&Dの単体のステレオコーラスを買うまでは1番のコーラスエフェクターでした(詰まる所僕の順位ではロックマンのコーラスが1位と2位というwww)
他のコーラスがサイケデリックか爽やかな青空、海という印象に対し、ロックマンは完全に宇宙空間という感じでしたねw

ディレイモードも初めての経験で、第一印象はカラオケのエコーでした(爆
ギターサウンドがエコーに乗り、たった6.5インチのスピーカーが部屋をギターサウンドの空間にしてしまったような印象を受けました。
でかいホールでしか味わえないと思ってたこだま、残響音が4畳しかない屋根裏部屋で堪能できたのは驚きでしたね^ ^
因みにディレイタイム、フィードバックの調整も出来ますが、好奇心で両方最大にしてこだまがどんどんでかくなっていった時は焦りました(^^;;

僕はどちらかと言うとコーラスモードが好きで、弟はディレイモードが好みでした。
僕はコーラス+エコーで掛けたかったのですが、この機材ではどちらか1方しか選べないので後ほど急遽ロックマンのステレオエコーを買うことになります\(^^)/

f:id:acidmb:20170303192044j:image