Guitar Stuff Blog

今まで使ったギターアンプやエフェクターを紹介したいと思います。

20170310 Behringer FX600 Digital Multi-FX

ベリンガーの製品は安いため昔も今も何処かしら不安要素があり、これ1台(と専用アダプター)しか購入したことがありません。

ネットを散見していてマルチエフェクターというものを初めて知り、「1台で色々なサウンドを熟せる便利なアイテム」という事で早速食指が働き購入しました(笑
マルチエフェクターの入門編みたいな位置付けですねw

で、このマルチエフェクターなんですが、モジュレーションと空間系のみの構成となってます。
当然ですがデジタルです。
コーラス、フェイザーフランジャー、ディレイなどあり、一通りのエフェクトは入ってます。
買ったのは時系列的にMG15FXより前だったはずなので、フェイザーフランジャーは初めての体験だった気がします。

使った感想としては、コーラスはエグい(爆
ロックマンのコーラスが爽やかなのに対し、こちらは音像がぼやけてよくうねるw
どちらかと言うとElectro HarmonixのSmall Cloneのような感じでしょうか。

ディレイはデジタルでこだまの輪郭がはっきりしています。僕は完全にエコー型のぼやけたディレイが好きだったので、こちらはあまり好きではなかったです。

フェイザーは巷では音量が一気に下がると悪評ですが、僕はフェイザー自体初めての経験だったので、音量などは気にする余裕は無かったですw
まあ、うねるなぁ〜みたいな(笑
そこまでしか印象に残って無かったですw
すぐあげちゃったのであんまり記憶にないんですが、多分そこそこ使えると思います。

フランジャーも同様で、最初はジェットサウンドに「おおすげえ!」ってなりましたw
トレモロフェイザーフランジャーの陰に隠れてほぼ印象に無かったです(笑

ピッチシフターは僕の製品が壊れてるのか知りませんが、全く効果がなかったですね(爆
ドライ音とまったく変わりなかったです。

多分ロックマンのコーラスやディレイを先に経験して耳が肥えてしまってたのかも知れませんが、僕には合わないペダルでしたねw

これを踏まえ、マルチエフェクターをもっと知りたくなり、BOSSのGT-10を買うことになりましたw