読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Guitar Stuff Blog

今まで使ったギターアンプやエフェクターを紹介したいと思います。

20170322 Rockman Sustainor (Model 200)


久しぶりにSR&D社製品を書きます。
多分思い入れの強い製品なので、記事がかなり長く偏りがあると思います(笑

f:id:acidmb:20170322003451j:image

ロックマンシリーズの代表作、サスティナーです。
ロックマンのファンのブログやサイトで頻繁に取り上げられてるので、探してる方は凡そ概要をご存知かと思われますw

ボストンのギタリストは全員導入済、また80年代から90年代初頭に掛けて多くのギタリストがXPRやディストーションジェネレーターと共にこれを導入しており、日本のアーティストも挙って使い、一時期価格が暴騰した経緯がある製品です。

サスティナーというとBOSSのCS-3とか、一部アーティストの改造ギターに仕込んでる回路かなんかを思い浮かべると思いますが、これは完全にプリアンプです(爆

入ってるのはコンプレッサー、ブースター、ノイズゲート、ディストーションorクリーン回路、ノッチフィルター、トレブルブースター、各種イコライザーと多彩で異色なので、順を追って説明します。

まずコンプレッサーは入力ゲインとサスティンの調整が可能です。
入力ゲインが高いとアタックが強くなり、ディストーションモードだと歪みが強くなります。
サスティンはコンプ回路の応用で、4つのプリセット(0、8、15、21)から選ぶ感じです。
数字の意味がイマイチ理解出来ませんが(笑
15がデフォルトですが、僕は最大にしてます。

ノイズゲートは後に単体で発売されたSmart Gateの回路を流用しており、自然にノイズ成分が減衰していく感じですが、最大にするとすぐにゲートが閉じるので不自然にミュートしがちです(笑
僕はModel200では半分くらい、後述のDouble ICではオフにしてました。

プリアンプ部は歪2つ、クリーン2つの計4種のトーンが作れます。

まずDistですが、ディストーションジェネレータの歪と比べるとミドルが弱く、歪も弱いので最初はしょぼい印象を受けました(爆
その代わり音の分離は良く、立体的な音という感じにはなります。
コンプ感が強烈で歪はこの上なく滑らか、強弱がほぼ付かないので、ディストーションジェネレータよりも異彩という感じの歪です。
Boostスイッチで歪をブースト出来、サスティンも当然伸びまくります(笑

EdgeはクランチモードでX100とかにも入ってます。
Distより粗い歪で弱目ですが、ミドルはこちらの方が高いです。
Boostスイッチでゲインブースト出来る他、オートクリーン機能で音圧を出すこともできます。
ゲインブーストオフでオートクリーンをオンにしギターのVolを下げると、ミドルの強い若干歪んだクリーンが得られます。
僕的には音圧目的で、オートクリーンのクリーンサウンドはあんまし使わないです(笑

何れにせよ、歪を擬音で表すと「ゴオオオオォォン」という感じです(爆

CLNは高域が強目のクリーンサウンドで、歪系と同じくキャビネットシミュレータの回路を通過しており、全体的にCLN2より帯域が狭い感じがします。
グライコで表すと、一番端の低域と高域がカットで、低域かかなり低めで、高域になるにつれて徐々に上がっていく感じですかね。
擬音で表すと「ギャリーン、ジャリーン」な感じで、JC-120のブライトスイッチオンのクリーンよりトレブリーです。
Semi Cleanスイッチをオンにすると若干歪んだクリーンになります。でも結構アンプによって変わってきて、全く歪まず音圧が上がるだけの機能だったりします。

CLN2(TM)は唯一キャビシミュを通ってないトーンで、レンジが広く低域と高域が持ち上がりエレアコみたいな響きです。
商標登録されてるのか(TM)マーク付いてたり、日本では通称「青空クリーン」と呼ばれてたり、何かと有名なトーンです(これに同社のコーラスを加えたものが青空クリーンという人もいる)。
擬音だと「カリーン、コリーン」って感じかな?w
エレアコにコンプレッサーを足したような感じです(笑

これら4つのトーンは任意に2つのチャンネルにプリセット出来、ラッチ信号(フットスイッチとかMIDI)で切り替え出来ます。
定番はCh1に歪、Ch2にクリーンと振り分けてる人が多いですが(ボストン勢もそれ)、クリーン専用機にしたり、その逆も出来たり出来ます。

Treb Trimは歪のみに使えるイコライザーで、高域の調整ですかね。上げ下げで高音がジリジリになったり、逆に篭ったりします。

Phase Notcherはディストーションジェネレータのやつと一緒ですが、こちらはFreqというスライドバーでノッチする箇所を可変出来るようになってます。
なのでPhase Notcherがオフの場合はFreqは効かないです。

Treble Boostもディストーションジェネレータと同一です。現場調整用です。

Rhythm Volはフットスイッチ専用のイコライザーで、低域の減衰を行います。減衰することによって音圧が下がり、バッキング用のサウンドになります。

音量はCh1とCh2で個別に設定出来るので、ディストーションに対し音量が小さくなりがちなクリーンを補正したり出来ます。

サスティナーはModel 100、100a、200、200 Double ICの4種の型番ががあります。
型番によって音が違うらしいです。
僕はModel 200とDouble ICを所持してますが、確かにDouble ICの方がローノイズで音が明瞭になってる感じがします。
巷では100系が篭った音、200系が抜けのいい音と言われています。
100系は比較的出回ってますが200系は少なく、Double ICはハーフラックエフェクター自体の生産終了の直前に製造された為僅かしかありません。

Double ICは同社のコンプレッサー同様Lead levelerと呼ばれる、ICが大きいのと小さいので重なってるものです。
ノイズ低減、ディストーションの歪の量の増加などの効果が得られます。

プリアンプとして確かに唯一無二の音と言われると納得出来ます。
歪自体は弱い代わりにコンプレッサーで補強してるので、きめ細かさはなく滑らかな感じになってます。
他社製でもイコライザーをどう設定して繋ごうとミドルがブーストされた歪で、使うジャンルは限られます(笑
やっぱりコーラス繋いで80年代HR/HMですかね(爆
90年代のJ-POPとかやるには別途ブースターなどが必要です。

クリーンの場合もコンプレッサーの効果で際立って聴こえます。
クリーンはどちらのモードも今の曲でもジャンル問わず使えますね。

僕的にはドンピシャなサウンドですが、万人にはオススメ出来ない、賛否両論がはっきり分かれるサウンドです(笑