Guitar Stuff Blog

今まで使ったギターアンプやエフェクターを紹介したいと思います。

20170324 Orange Crush 20LDX

f:id:acidmb:20170329103457j:image

Frontman 15Rに失望した僕は、今度こそMGに対抗しうる歪を得られるアンプを手に入れようとOrangeに着目しました。
Orangeの歪はマーシャルとは違い粘りがありウェットな感じで、ミドルが押し出されてると評価され、Tiny Terrorなどの歪を聴いてると、なるほど僕の好みの歪だなと実感しCrushシリーズに過度な期待を寄せてました(笑
今となっては、チューブのTiny Terrorの動画を参考にしたのが悲劇の始まりでした。。。

まず仕様を書くと、クリーンはvolのみ、ドライブはDriveノブとGainノブの2種の歪調整があります。
EQは3バンド、他に各種エフェクトやエフェクトレベル調整ノブ、チューナーなども内蔵されてます。

クリーンはミドル強目で、パス10やフロントマンとは一線を画してます。
何というかウェットな感じは思い切り出てる感じで、歪エフェクターなどを繋ぐと結構ミドルの分厚い歪が得られます。
EQ全部12時でそんな感じなのでミドルは上げない方が良いかなと思います。

歪は、、、パス10やフロントマンと変わらないww≡┗( ^o^)┛≡┏( ^o^)┓≡┗( ^o^)┛
強いて言えば、フロントマンにも勝る10インチスピーカーを搭載してるので、音のレンジは格段に広がってます(笑
でもトランジスタ共通のファジーなザラザラバリバリドライブは相変わらず健在で、GainやDriveノブをどう弄ろうがザラザラバリバリで個性は皆無です(笑
決して2017年時点で最新のCrush35RTとか、チューブシリーズなどと比べてはいけません!(爆
またGainやDriveを分けた理由がよく分かりません(笑
きっと他の小型練習用アンプとの差別化を図ったのだろうと思います(笑

エフェクトはコーラス、トレモロ、ビブラート、ディレイ、リバーブなどがあります。
コーラスは揺れが遅くて深いものと、揺れが速くて浅いものの2種、ディレイはディレイタイムの違うものが4種、リバーブ4種、ディレイ+リバーブと偏りが激しいです(笑
何もデジタル、シリアル接続で音像がぼやけたりします(ーー;)
調整出来るのはエフェクトレベルのみで、他は全てプリセットなのが残念。
オマケ感半端ないです(爆

チューナーもいたって普通。他の小型練習用アンプに付いてるようなやつです。

今では生産完了してまして、わざわざ買い求めるものでは無いですw

あとパス10とかフロントマンとかもそうですが、これ系の歪は爆音にすればある程度太くなりバリバリ感が多少軽減されます。

あと、メサのキャビ(Celestion Black Shadowをマウント)なんかに繋ぐと強制的にメサの音にしてくれるのでオススメです(笑