Guitar Stuff Blog

今まで使ったギターアンプやエフェクターを紹介したいと思います。

20170326 Behringer Ultra Acoustic Modeler AM400

f:id:acidmb:20170326085706j:image

 


前回ロックマンのと比較した、べリンガーのアコシミュです(^^;;

当時の巷の評価はそこそこ良かったです。
しかしながら僕の中での評価は微妙で、ロックマンには遠く及ばない印象でした(^^;;

RESはレゾナンスで共鳴調整、ATTACKはピッキングの強弱調整です。
EQは搭載されてるモデリングにそれぞれ固定されてる感じです。
また味付けにリバーブも搭載されてるお得感()

このアコシミュはAM100という通常版と、デラックス版の上記のやつの2種類があり、値段が1000円くらいしか違わなかったのとAM100があまりいい評価じゃなかったのでこっちにしました(笑

まず全体的に籠るか、余計なハイミッドがあり、籠るかのっぺりとした印象です(^^;;

特にLarge(ジャンボタイプ)が篭もりまくり、Brightがアコギっぽく無くなるハイミッド強目、Piezo(ピエゾPUのシミュ)が余計なミドル多目でのっぺりしてる感じで、Standardが(篭るけど)比較的フラットで使い易い方だった気がします。

レゾナンスは効きが良く、奥行き感が増すのでフルでした。
アタックも、掛けないと音自体が弱いので強目に掛けてました。
アコシミュなので生のアコギとは違って絶妙な強弱の付け方は無理です(笑

バーブはデジタルで、本当にオマケという感じです(笑
手持ちのコンパクトorマルチにリバーブが無くて、アンプにも付いてなかったら良いと思います。

今では生産完了してますが、わざわざ探す必要も無いと思いますw
これ買うならまだBOSSの方が音が抜けるので幾分マシかなと思いますw