Guitar Stuff Blog

今まで使ったギターアンプやエフェクターを紹介したいと思います。

20171025 PRS Custom24 10Top Blue Matteo

 f:id:acidmb:20171025165049j:image

新しいPRS(当然本家w)が欲しくなり、
「給料も入った事だし買ってまえ(^-^)v」
と衝動買いしたコレ(爆
もちローンです(≧∀≦)

因みに約5年前に買ったPRS Custom24 Faded Abalone

f:id:acidmb:20171025165057j:image
約7年前くらいに買ったEpiphone Les Paul Custom↓

f:id:acidmb:20171025165109j:image
計3本所有しております。
いつもはエピを扱ってるので、久しぶりにPRS担いだら軽いこと軽いこと(笑

またPRSを撮影して気付いたのですが、写真と実際とでは色合いが全く違います。
これは店舗で見た時と自宅とでも違う感じで、実際Blue Matteoは写真よりもっとターコイズっぽい色合いで、Abaloneはもっと青味掛かってます。
いずれも写真より目で見た方が俺好みの色という感じですね(^-^)v

で、実際音出しをしてみました。
Blue Matteoは85/15というPUを搭載していて、PRSらしく纏まって分離感の良い音が出てきます。
Abaloneに搭載されてる59/09との違いとして、PUの形自体がやや凸型に湾曲しており、かなりレンジが広くなった感じがあります。
具体的には低音がグッと出た印象です。
歪ませた時のパワーというか、ミドルの多さは59/09ですかね。
クリーンはどちらも同じような感じで、持ち替えても違和感無さそうです(レンジの広い85/15に分があるかな?w)
因みにエピのBurst Buckerとの比較ですが、パワーはBurstの方があり、PRS系の方が分離がいい感じです。
クリーンなんかは繊細なPRS系の大勝利ですね(笑
歪はBurstだと中々なドライブを聴かせてくれるのですが、音が潰れやすいので甲乙つけがたいです。

色に関しては、最初Turquoiseと迷ったのですが、実際のTurquoiseは想像してた青緑というよりも深緑色で、角度や光源によってはTurquoiseにも見えるMatteoの方が魅力的に見えたので即決しました(笑

音、見た目はAbaloneの方が好みですが、Abalone見た後Matteoを見ると爽やかな気分になります(笑